今の時代『揉みほぐし店』で働くのは稼げない

独立・開業
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは(^^)
ごまだんごです。

今の時代、この類のお店がめちゃくちゃ増えていますから、それに伴い施術スタッフも昔とは比べ物にならないくらい増えていますよね。
その中でも特に増えているのは揉みほぐし系のリラクゼーション店だと感じます。
この仕事に興味を持ってこの業界に入ってくる人が多いのはとても喜ばしい事だと思うのですが、実際は短期間で辞めてしまう人もとても多いですよね。
辞めてしまう理由は様々だと思いますが、その中でも仕事内容は好きで続けたいけど健康面や金銭面の問題で辞めざるを得ないという方もいると思います。
今回の記事はそんな方へのアドバイスになれば良いなーと思ってお話しさせて頂きますが、2回に分けて書いていきます。
今日は前半にあたる記事という事で、主に『現在の揉みほぐし店の大変さと独立の難しさ』についてです(^^)

スポンサーリンク

揉みほぐし店の昔と今を比較

僕がこの仕事を始めた頃って、この類のお店の数って今よりもずっと少なかった気がします。
気がするというか本当に少なかったです。
現在はというと、この業種のお店や治療院はコンビニよりも多いっていうのだから、生き残る事は本当に難しいです。
国家資格を必要とする整骨院だって次々にオープンしますが、同時に同じくらい潰れてしまう時代だし整体店などにとっても本当に厳しい時代ですよね。
そんな中でも、揉みほぐし店に関しては特に厳しいような気がしています。
大きな理由としては、ここ数年で大型の低価格チェーン店が全国的に増えていますよね。
大型までいかないとしても、それなりにチェーン展開しているお店って増えていると思います。
僕のブログを読んでくれている方の中にも、そういうお店で働いている人もいるのではないでしょうか?

最初は一社が低価格を売りにしてヒット。
初めのうちは、あそこはめちゃくちゃ安いよね~!なんて言っていたお客さん達も、今ではその価格が基準になってしまっているってくらい、後に続いて同価格帯でオープンさせる同業他社が多数。
完全なる価格競争です。

失礼かもしれませんが、現実的に揉みほぐし店というのは一般の方からすると特徴が少ないんですよね…。
だからどうしても、お店選びの基準が『価格』になってしまいやすいわけで。
昔は揉みほぐし店だって1時間1.000円前後+消費税が相場でしたが
今では1時間3.000円です。

半分ですよ。
ヘタしたら半分以下ってところもあるでしょう。
昔通りの価格で存続しているお店は、やはり大手企業で立地条件が素晴らしい店舗くらいではないでしょうか?
それだって業務縮小している会社も少なくありません。
今現在揉みほぐし店で働いている方も、昔に比べたらお給料が少ないか、もしくはお給料が変わらなくてもその代わり倍くらい働かなければいけないって人も多いと思います。
それだけ昔に比べて厳しくなっているという事ですね…。

新人施術スタッフが長く続かない理由

まず前提として
上で話した通り、最近の揉みほぐし店の相場は1時間3.000円程度の所が多いです。
本当に安いので経営者側としては、とにかく数をこなさなければ儲けが出ません。
ハッキリ言って質より量です。
だから未経験者だろうがなんでもOK。
しかも大体のお店は雇用ではなく業務委託が多いですから、会社側は人件費の事も考えなくて良いわけです。
さすがに雇用契約となると誰でも良いって事にはならないのでしょうが、そうじゃないので来るもの拒まずで基本的に誰でも受け入れてくれます。

大手揉みほぐし店で働きたいと思ってしまう理由

揉みほぐし店の求人広告というのは、地域にもよりますが業務委託だからこそアルバイトの時給よりも高い記載になる事が多いです。
現在の最低賃金は低い地域だと760円くらい、高い地域で980円程度ですが、大手揉みほぐし店で働いた場合は60分の施術の対して1.800円程度です。
たぶん今まで雇用契約でしか働いた事がない方からすれば、この1時間1.800円という金額はかなり高額に映ると思います。
それに加えて、求人募集ではこの金額を基におおよその1ヶ月の報酬例も載せている事が多いです。
お店によってどのように書いているかに違いはありますが
こんな例もあります。
60分×8人を25日勤務した場合…
1.800×8人=14.400円
14.400×25日=360.000円

360.000円ですって!!

勤務日数を20日に減らしたとしても288.000円

これはスゴイです。
しかも未経験者歓迎。
これは働きたくなるでしょう。
募集は常にかかっていますので、こんな感じで新人さんが入り続けます。
今この記事を読んでくれている方の中にも、まさにこんな感じで働きだした方もいると思いますが、こんな上手くいかないですよね。

けっこうすぐに辞めてしまう理由

上で書いたような高待遇を夢見て働きだしたら、すぐに現実に引き戻されます。
まず第一にそんな報酬貰えないです。
いや、稼ぐ人もいるにはいますが本当にけっこう厳しいです。

そもそも給料と報酬は全然違います。
業務委託契約で働いた経験がない人は、60分1.800円と聞くと時給1.800円みたいな感覚になる方が非常に多いですが、これは全く違います。
ここから引かれるものがたくさんありますし、あくまでも時給ではないので施術しない限りは1円も入ってきません。
最低保証制度もたぶん無い所の方が多いですから、仮に8時間拘束だったとしても一人も施術しなければ0円だし、交通費ももちろん出ません。
それなのに受付業務や掃除などはやらないといけません。
だったらその分の時給は出せよって思いますが、そんなもんです。

加えて、店舗にもよりますが1日に8人も入れないと考えた方が良いです。
スタッフが腐るほどいるので、よっぽど指名客を持っていない限りそんなにたくさんのお客さんに当たらないですし、仮に施術出来たとしても60分×8人=480分…
毎日こんなに施術してたら絶対的に身体を壊します。

加えて別記事でも書いていますが、大型揉みほぐし店のお客さんってけっこうワガママな人が多いので精神的にも肉体的にもやられます。

お客様を神様扱いしない方が上手くいく【整体師で稼ぐ】
こんにちは(^^)ごまだんごです。 今日のタイトルについてですが、僕は比較的昔からそう思っています。 今の時代は昔ほどではないかもしれませんが、それでも僕達はなんだかんだで日本人。 海外の方に比べればそもそもおもてなし精神が強めで...

思っていたより稼げない、体力的にけっこうキツイということで辞めちゃう人が多数。
仮にそれでも頑張れるって人だったとしても、例えば暇な店舗で一ヶ月に25日も拘束されて受け取れる利益分が150.000円以下とかだったら生活的に厳しいですよね。
立地的に暇な店舗だと冗談抜きに10万いくかいかないかって事もありますので、そうなると頑張る気持ちがあっても物理的に辞めざるを得なくなります。

余談ですが、僕も大昔(15年くらい前)は揉みほぐし店で委託契約して働いていた事があります。
当時は施術代の相場が現在の倍近くでしたので
報酬は60分の施術につき3.000円~3.300円程度でした。
僕はかなりの面倒くさがり屋なのでけっこうマイペースに働いていましたが、それでも純利益で25万くらいは貰っていましたので当時にしたら悪くはなかったと思います。
その後整体に移行して今に至りますが、正直現在の揉みほぐし店では絶対に働きたくありません(;^ω^)

大手揉みほぐし店からの独立開業について

※独立開業についてはあくまでも個人店の場合の話しです。
個人店と言っても本当に自分ひとりとか、せいぜい二人で営業している場合と考えて下さいね。

上でも書いたように、大手揉みほぐし店で働いていると段々辞めたくなってきます。
その理由が、この仕事が嫌になったとか身体を壊して続けられなくなった等ではなくて、働いているわりに報酬が少ないという理由の場合は、独立を考えるようになる方が多いです。
特に、勤務中の店舗で指名を多く持っている方は独立したくなるのも早いですね。
指名客が多いと自信がつきますし、そうなると店側に高いマージンを取られるのがバカらしくなってきますから。
で、本当に独立する人もたくさんいるんですけど、残念ながらかなりの高確率で失敗するようです。
実際僕の周りでダメになっちゃった人も数人いますし、何を隠そう僕自身も危ない経験をしました。
経験上原因として考えられるのは…

理由① 自分で思っているほど、指名客は来てくれない。

この理由って悲しいですが、本当です。
これは僕も経験済みですが、僕は幸いながら最初からここに期待をしていなかったおかげでショックも少なかったしどうにかできました。
独立後けっこう早い段階で躓く人は、今までの指名客に頼りすぎて新規集客をしっかりと考えない人が多いです。
独立したばかりの時は来てくれるお客さんもチラホラいるでしょうが、最終的に残ってくれるのは1割もいないと考えておいた方が良いです。
前の店舗のお客さんに来てもらいやすようにと、値段も変えず元々働いていたお店の近くで開業する人も多いですが、そんな事してもはっきり言って無駄です。
相当気に入られていないと数回で終わりでしょう。
下手したら一回も来てくれない”元”指名客もたくさんいます。
逆に本当に気に入ってくれていれば、車で1時間かかる場所だったとしても来てくれます。
独立するなら、前の店のお客さんをメインで考えてはいけません。

理由② 自分で思っているほど技術が無い

これはもちろん人によりますので技術が高い人もいますが、たいていの場合は自分で考えているよりも技術が低い場合が多いです。
特に未経験の状態で大型チェーン店での無料研修で施術を学んだ方は、たとえ練習と経験で揉みほぐしが上手になったとしても、それだけでは技術も知識も全然足りないと思います。
もちろんその後しっかりと勉強している人は別ですが、そうじゃない場合は
厳しい事を言いますが『井の中の蛙』という事です。
指名客が多ければ多かった人ほど勘違いしてしまうと思いますが、あくまでも”前の店舗の中”で指名が多かっただけという可能性も高いです。

お客さんというのはその店の価格帯や雰囲気で期待値がかなり変わります。
60分3.000円の大型揉みほぐし屋さんに対するイメージというのは、正直そんなに期待していないって人の方が多いと思います。
もちろん上手な人もいるんですけど、あくまでも世間のイメージとしては『大衆マッサージ屋』って感じですので、そのイメージの中で思っていたよりも上手な人がいれば指名もします。
加えて、失礼ながらとんでもなく下手くそなスタッフもたくさんいますので、お客さんからすればハズレだけは引きたくないんです。
低価格と言っても1時間で3.000円支払うんですから当然ですよね。
だから、指名=この人じゃなきゃダメってくらい気に入っているというわけじゃなくて
ハズレを引かないために、とりあえず安全な人を指名しておこうって考えの人もたくさんいます。
そこを勘違いして自意識過剰になってしまうと後々痛い目にあいます。

逆に個人店の場合ですが、これがなぜか一気に期待値が上がります
同じ施術内容と値段だったとしても、独立してるくらいなんだからそれなりの技術を持っているだろう的なイメージになります。
うちのお客さんも『大型店は素人が多いイメージで、個人店の方がちゃんとしてそう』って言う人がかなり多いです。
自分が働いていた大型店舗の中だけではなく、近所の個人店等も含めた中で自分に自信が持てるのであれば良いですけど、ただ『前の店舗で指名多かったから』というだけではほぼ失敗します。

理由③ マーケティングと広告費を甘く見ている

大型店舗時代には、施術料金の半分くらいを引かれていましたよね?
その引かれる金額が多すぎるから独立したいわけです。
確かに一ヶ月で計算したら軽く15万円近くは差っ引かれますから、それだったら安い家賃のテナント借りた方がいいやってみんな考えます。
安易に独立を考えてしまう人は、基本的にメリットしか見ません(笑)
ちなみに僕もそうでした。
確かに安い所なら家賃光熱費合わせたって15万なんて絶対にかかりませんからね。
ただ、そこに広告宣伝費は一切入っていないんです。
で、この広告費ってのがかなり高額です。
本当に高い。
しかもどんなに高額な広告を打ったとしても、お客さんが来る保証なんてありません。
それを考えたら、大型店は既にブランド化されている場合が多いし、会社自体が莫大なお金をかけて宣伝してくれていますので自分では何も考えなくても良かったはずです。
その楽さって独立してからじゃないと中々気づけないんですよね。
集客やリピートって自分で考えているよりもかなり難しいし、普通にお金もかかります。
独立するならその辺をしっかり考えておかないと、本当にあっという間に失敗してしまいます。
事実僕は本気で何にも考えてない馬鹿者だったので、本当に大変でした。


※今回の記事で僕が『大型』の店舗で働く場合ばかり書いている理由は、現在は小さな個人店ではスタッフを雇ったりするお店が少ない為、大型店所属を例に出した方が当てはまる方が多いと思ったからです。

さて、今回の記事はちょっとマイナスイメージの強い内容になってしまいましたね(;’∀’)
厳しい事をたくさん書いてしまった気がします。
僕本人がけっこう痛い目みたもんですから、ついつい熱くなってしまって^^;
スイマセン。
次回は後半として、記事タイトルの答えにもあたる
『リラクゼーションよりも整体の方が良いと思う理由』をお話ししようと思います(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました