客単価を上げる簡単な方法とは?

独立・開業
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは(^^)
ごまだんごです。

今日は、今現在客単価が低くて悩んでいる方にオススメのカンタンに客単価を上げる方法のお話しです。
一番手っ取り早いのは『値上げ』することなんですけど、中々値上げが出来ないという方や
既に値上げをしてしまったからもう出来ないという方へオススメの方法です(^^)

スポンサーリンク

客単価を上げるには高いメニューを作る

客単価を簡単に上げるには今あるメニューよりも高いコースを作りましょう(^^♪
そして松竹梅の法則を使います。

松竹梅の法則とは
3つの価格帯があると心理的に真ん中を選んでしまう人が多いよってことです☆

ところで、今皆さんのお店には何種類の施術メニューがありますか?
それによって少しだけやり方が変わりますので順番に説明していきます(^^)

【施術コースが1つの場合】
今現在1つのメニューだけで営業しているという方は、最低でもあと2つメニューを追加する必要があります☆
例えば、5.000円コース1つで営業されている場合だと
5.000円コース
10.000円コース
15.000円コース
にすれば10.000円コースが一番売れすようになります。
もしここまで値幅をつけられないのであれば、もっと細かくても構いません。
(5.000円・7.000円・10.000円など)
とにかく自分が売りたいコースが真ん中に来るように設定すればOKです(^^♪

【施術コースが2つの場合】
たぶんこれは一番ダメなパターンかもしれません(^-^;
人間の心理的な問題で、選択肢が2つだった場合は安い方を選んでしまいやすくなります。
今現在2つで頑張っているという方はたぶん安い方が売れていると思いますので、早急にもう一つ高価なメニューを追加しましょう(^^)

【施術コースが既に3つある方】
この場合はたぶん既に真ん中のコースが一番売れていると思いますが、それを更に上げたいというのであれば、更に高いコースを作ってみてください(^^)

もしも3つの価格帯で出しているのにも関わらず一番安いコースが一番売れているという場合は料金設定や見せ方に問題があると思います(汗)
見せ方は下で説明していますので参考にして下さい。

選択肢が3段階あれば真ん中を選びやすいというのもそうなんですが、
それとは別に『あまりにも安い商品は選びにくい』というものもあります。
その理由は人によって違いますが
『あんまり安いのは怖いかも』と思う人もいれば
『安い物しか買わないと思われたらどうしよう』と、周りの目を気にする人もいます。
ただ、理由はどうあれ基本的には『真ん中付近』を選びやすいことは変わりません

例えば、今現在
5.000円
7.000円
10.000円
で価格展開していて、7.000円コースが一番出ているけど
これを10.000円に上げたいというのであれば
さらに15.000円と20.000円コースを追加してみると良いです。

5.000円
7.000円
10.000円
15.000円
20.000円

こうするだけでも、さっきまで安く感じなかった7.000円コースが安く感じますね(^^)

客単価を上げるにはコースの名前と並び順も重要ポイント

自分で売りたいコースを真ん中、又は真ん中よりも下に配置できるような価格帯でメニューを用意するだけでも今までより良くなると思いますが
僕が今から書く事を意識してもらうと、更に効果がアップしますので是非やってみて下さいね☆
まず、とても重要なポイントは、価格の前に一言入れてやる事です(^^)
先程のメニューを5つに増やした例をあげますが
10.000円コースが標準ですよということがわかるように一言入れてあげることで
5.000円と7.000円コースは標準以下だという事が分かりやすくなりますから、より一層10.000円コースが売れやすくなります。
例えば…
5.000円コース
7.000円コース
10.000円コース
15.000円コース
20.000円コース
料金表にただ↑のように書くより
全身改善+骨盤矯正コース 20.000円
歪み改善コース      15.000円
⇩当店の1番人気!おすすめコース!⇩
整体基本コース      10.000円

部分重点コース      7.000円
ショートコース      5.000円

このようにコース名を入れたり、どれが一番人気なのかを書いてあげた方が効果的です。
(…適当なコース名でゴメンナサイ(;^ω^))
売りたいコースを目立たせることが大事ですよ(^^♪
あとは並び順を高額な順番に並び替えています。
これがけっこうポイントで、価格の高い順番で書いてあげた方が高いコースが売れます。
これ本当です。
どうしてかわかんないけど本当です(笑)
仮に上のような料金表を見せられたら7.000円のコースにはあんまり目が行かないんじゃないかな?
普通に10.000円コースが人気あるしオススメされているし料金的にも真ん中だし…これにしようかなってなると思います。

もしくは…

人気No.1】歪み改善コース       15.000円
人気No.2】整体基本コース       10.000円
人気No.3】全身改善+骨盤矯正コース  20.000円
部分重点コース          7.000円
ショートコース          5.000円
当店の施術効果をしっかりと実感して頂くには基本コース以上のご利用をお勧めしております。

価格ではなく人気順で並べてみるのも良いと思いますよ(^^♪
たぶんこの料金表の場合だと15.000円のコースと10.000円のコースの2つが良く売れます。
そしてこうなってくると、もう7.000円と5.000円のコースはほとんど売れないですね。

いかがでしょうか?
料金設定や並び順、コース名をしっかりと考える事でお客さんに与える印象はガラッと変わります。
実際に安いか高いかというよりも、安く感じるか高く感じるかの方が重要だということを忘れないで下さいね(^^)

今日の記事で例として出している金額はあくまでも例ですので、もちろん金額は皆さんのお店の客層やコンセプトに合わせてもらえば良いと思いますが、一番高額に設定するメニューに関しては売ろうと思わなくて良いです(^^)
たぶん売れません(笑)
あくまでも比較対象用の【おとり】として考えて下さい☆

最後に、とても大切な事ですが
高いメニューを作るという事は、当たり前ですがそれに見合う内容にしなければいけません。
ただ何となく高いメニューを作って適当に施術なんかしていたらお客さんはすぐに気づいて離れて行ってしまいます。
そうならない為に、今ある標準のコースよりも魅力的なコースを考えて下さいね(^^♪

それでは今日はこの辺で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました