肩こりの人だから肩を揉む?患部以外の施術でお客さんを感動させる方法とは?

マーケティング
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは☺
ごまだんごです。

今回は施術方法についてのコツやヒントを通して、リピートの取り方を書いていきますよ☺

今日一番お伝えした事は
患部ばかりを触らず離れた部分の施術をする
とうことです。
今回はお客さんのお悩みとしても多い『肩こり』を例に挙げて説明しようと思います(‘ω’)

スポンサーリンク

直接肩を揉む行為が良くない理由

肩こりを訴えているお客さんに対して肩を揉むなんて行為はやめた方が良いです。
それがダメとまでは言いませんが、めちゃくちゃ勿体ないんですよ。

単純に時間も無駄だし
何と言っても、お客さんからイメージアップされるせっかくのチャンスを易々と逃している事になるので本当に勿体ないです。

お客さんは感動を求めている

整体店にやってくるお客さんが一番感動する事…
それは患部に触れずして症状が緩和される事です。

自分が想像していなかったような良い事が起こると
驚きと感動が同時に現れ、あなたのお店やあなた自身が大きく印象に残る事になります☺
そうなれば、あなたに対しての信用度が一気に上がり、もちろんリピートの可能性もめちゃくちゃ高くなります。

それを、そのまま肩を揉むという施術をメインになんかしていたら
お客さんは感動どころか『揉みほぐし店と変わらないし、まぁ普通だったな』みたいな感覚になり、特に良い印象もないし近いうちに記憶から消え去ってしまうでしょう(-_-;)

特に新規客に関しては第一印象がとても大事ですよ☺

肩こりの原因と施術のヒント

そもそも、肩こりの原因ってほとんどの場合が肩ではないです。

原因は色々考えられますので、ココ!と決めつけるのは難しいですが
簡単さと効果とお客さんの反応で考えると胸筋付近と脇付近はお勧めです(‘ω’)

肩が凝っている人って、大体の場合は肩甲骨や首の動きが悪いですから
まずはその可動域をチェックしましょう。
それから可動域が簡単に変わる実演をする。

方法はめちゃくちゃ簡単!

腕を引いて胸を開いてあげるだけ

これだけで確実に首や肩の可動域がアップします。
別にこれっぽっちも揉まなくてもOK 。
例えば、横を向けない・横に倒せない・上を向けない等に関しては
①姿勢を正してもらう
②腕を軽く後ろに引いて肩甲骨を寄せる
これだけで可動域がかなり変わります。
要するに姿勢の問題が大きいんですね。
もちろん筋肉について考える事は大事ですが、自力で大きく動かせる筋肉については自分でやってもらった方が施術者は楽です。

ただ、この時、自力でやってもらっても良いですが
お客さんには姿勢だけ正してもらって
施術者自身が手を加える方が、お客さんからすれば『何かされた感』が出るので
印象が良いと思いますよ☺

お客さんの肩甲骨を前後から両手で挟んで少し持ち上げてから
肩甲骨を後ろに押し下げた形を作り
『この状態でもう一度首を動かしてみて下さい』とやってもらうと良いです。

施術者が肩甲骨の位置をキープした状態であれば腕が上がりにくい人も上げやすくなります。

あえて猫背を作ってから腕を挙上すれば絶対に上がらないはずです。
首も一緒で、この状態で上を向くのは至難の業だと思います。
もしも猫背のままで天井と顔面を平行に出来る人がいるとすれば
その人はきっと頭がもげてます(笑)
これは構造上仕方ない事なので、変に逆らおうとするよりも
姿勢を正し、肩を後ろに引いて胸を伸ばすように意識するだけでかなり変化が見られます。
当たり前の事なんですけど、そこを忘れちゃってる人ってけっこう多くて
患部を揉みほぐす事に全力を注いでしまう人もいるんですよね(^-^;
いくら肩や首を揉みほぐした所で、姿勢が悪ければ腕は上がりませんし首も動きません。

これって、特別な事をしたわけじゃなくて
強制的に収縮していた胸筋周りを伸ばして開いただけです。
それでも首が回らない原因がわかっていないお客さんからすれば
たったこれだけの事でも『あら不思議!すごい!』となるんですね(^_^;)

もちろん他にも色々な原因があるし、施術ポイントもたくさんありますが
要するにお客さんが気にしている【肩】以外を施術する方が時間もかからないし
改善率もアップするという事ですから色々研究してみるのも良いと思いますよ☺

施術の流れに関するポイント

施術者がしっかりと原因箇所を理解した上で施術を行っても
施術を始める段階でお客さん自身がその事を理解してくれていないと全然意味が無いです。
というか、むしろ
『この人、人の話し聞いてないの?なんで全然肩を揉んでくれないの?』と、
不信感を与えてしまう可能性すら出てきます。

その為、上で書いた確認動作は必ず施術前のカウンセリング時に行い

ごまだんご
ごまだんご

今、肩や首に対しては特に何もしていませんが楽になりましたよね?

ということは、原因はそこじゃないという事です(‘ω’)
原因箇所をしっかりと施術する事がとても大切ですよ☺
改善に必要なところから施術していきますね(^^)

と言えば、スムーズに主導権をにぎることが出来ます。
実際に変化を体感した後にこう言われて
『それでも肩を揉んで下さい』なんて言う人は、まずいないです(笑)
ほとんどの場合はこの時点で
『もう全部お任せしますのでお願いします!』となってくれます。

ここまで来れば、もう完全にこちらのペースですから
今後の施術スケジュールをおおまかにお伝えして、次回の予約につなげる事もそんなに難易度は高くありません(^^)


このように、施術前から信頼感を得られれば後が楽です。
その信頼感を最初から得るためには、今回お話ししたような事を行うのが効果的です(‘ω’)
これに加えてお客さんのお話しをしっかりと聞く事も忘れないで下さいね(^^)

リピートに大切な事は、義務で来させるということではなく
自ら来たいと思ってもらう事。

お客さんは『感動』を求めています
お客さんが想像していなかった施術をすることで
その感動を与える事が出来、自然とリピートにつながります(^^)

改善する事だけを考えれば『肩を揉む』という行為は必要ないとしても
肩を揉まれる事は普通に気持ち良いですから
『せっかくだから少し肩も揉んでおきますね~(^^)』と、オマケ程度にやってあげるとそれはそれでとても喜ばれます。
施術前に肩自体は施術する必要がないと言われている為、少し揉んでもらえるだけでも
お得感があるのでしょうね☺

ということで、今日はお客さんに感動してもらう大切さをお伝えしました!
今回書いた内容は誰でも簡単に出来る方法ですから是非参考にしてみて下さいね(^^)

それではまた☺

コメント

タイトルとURLをコピーしました