【整体師に対する悪いイメージ】整体師なんて所詮無資格、誰でもなれるんでしょ?

スポンサーリンク
自己啓発
この記事は約9分で読めます。

整体師なんて所詮無資格、誰でもなれるんでしょ?

こんにちは(^^)
ごまだんごです。

本日のブログのタイトル…。
自分で書いていて悲しくなりました(笑)

しかしながら、このように思っている人たちがいるのも事実だし
中にはこう思われても仕方がないような事をしている整体師がいる事も残念ながら事実です。

今日は世間から耳にする【整体師に対しての悪いイメージ】について、現役で働いている僕が説明していきます。
テンション下げないで読んで下さいね(笑)

スポンサーリンク

整体師は所詮無資格者!…よくある整体師への悪いイメージ

ではまず、整体師に対しての悪い印象を書いていきます。

・無資格者
・誰でもなれる
・胡散臭い
・インチキ
・効果が無い
・セクハラされそう
・うるさい(施術中の会話)

ここら辺はよく耳にする気がします。

きっと他にもちょこちょこあるのでしょうが、パッと思い浮かぶだけでも十分なくらいですね。
どれもこれも耳にして気持ちの良いものではありません。
まだ整体師になりたての先生や、これから目指したいという未来の先生にとって
こんな事を言われたらヤル気が無くなってしまうかもしれませんね。

でもね、先に言っておきますが
こんなものは全部聞き流して下さい。
気にしなくて良いです。

そもそも整体師という職業は、悪いものじゃないし違法なものでもありません。
自分の仕事を一生懸命やっているのであれば、やましい気持ちになる必要なんて全くないです。
特に、胡散臭いとかインチキとかセクハラなんていうイメージに対しては
本当にセクハラをする気でいるとか、実際に上手いこと言ってお客さんからお金を取ろうと考えている人だけが気にすれば良い事です。

整体師は無資格者

たぶんこの『無資格』は一番聞く事が多いのではないかなと思いますので
今日はこれについて書いていきます。

整体師は無資格者。
資格を持っているにしても所詮民間資格。
そんなものは無資格みたいなもの。
誰でもなれるだろう。
だから信用できない、胡散臭い。

実はこのイメージを持っているのって意外にもお客さんじゃないんですよね。
お客さんは、むしろほとんどの人が『整体師は資格が必要』だと思っています。

じゃぁ誰か?

答えは
柔道整復師やマッサージ師、鍼灸師などの有資格者の方たちです。
中にはドクターもいるのかもしれませんが、たぶんドクターはわざわざそのような回答をしないと思います。
ドクターからすれば整骨院なども目の上のたんこぶみたいに感じていることも多いですからね。

ヤフー知恵袋やOKWAVEなどの投稿型の質問サイトなんかでよく目にしますが
質問者の方が
『整体って効果ありますか?』とか
『〇〇な症状で整体に行こうと思っていますが…』など
こんな内容の投稿をすると
必ずと言っていいほどに有資格者らしき方が
『整体師なんて無資格ですから信用しない方がいいです、有資格者の所へ行って下さい』的な回答をされています。

本当にかなりの高確率で(^^;)

実際に整体に行って、効果が無かったとかセクハラまがいな事をされた等の相談に対しても
『所詮無資格者ですから仕方ないでしょう』みたいな回答をされている場合もあります。
これは、いやいやちょっと酷くないですか?(笑)と思いますけど(^_^;)
有資格者だってセクハラや詐欺罪でニュースになってますよねぇ?

マッサージ師と整体師の違いは何ですか?なんて質問にも
しっかりと勉強している有資格者と大して勉強していない無資格者を一緒にすんな的な回答です(笑)

では、整体師というのは本当に胡散臭いインチキ商売なのでしょうか?
整体って所詮無資格だから行くだけ無駄なんでしょうか?
整体師はみんな大した勉強をしていないのでしょうか?

整体は胡散臭い、インチキと言われてしまう理由とは

まず、整体師の資格というのは民間資格のみです。
この民間資格というのは国家資格ではないので『国で定めた基準』をクリアしているわけではないという事ですね。
民間の整体師学校の基準をクリアすれば良いだけですから、その学校によって教える内容も違えば合格基準も全く違うわけです。
中には通信教材みたいなものまで存在し、全てのカリキュラムを終了すればその学校独自の整体師認定証を発行してもらえます。
これでアッサリ整体師の誕生です。

こういう事があるので、僕も『民間資格なんて意味がない。無資格と一緒』と思われてしまっても仕方がないよなぁとも思うんですよ。
ついでに言うと、民間資格はあってもなくてもOKですので、本当の意味で無資格という場合でも整体師を名乗れます。
そこら辺を考えると、より一層
『所詮無資格、無資格者はこわい』と言われてしまうのも仕方無い気がしますね(^^;)

で、たくさん勉強して国家試験に合格した有資格者の方達からすれば、このようなしっかりと勉強していないような整体師が身体に関する仕事をしていたり、知った風な事を言っていたりすれば腹も立つのでしょう。
有資格者の肩を持つわけではありませんが、気持ちはわかります。

無資格と言われて腹が立ったり傷ついたりする人は自信が無いから

しかしながら、めちゃくちゃしっかりと教えている学校だってたくさんある事も事実。
3ヶ月やそこらで卒業できちゃう学校もあれば、2年以上かけて卒業するような学校だってあるわけですよ。
もちろん卒業してからだって自分で勉強を続ける必要があるし、技術の練習だってします。

そこまでしっかりと勉強して技術も身につけている整体師であれば結果もしっかり出せますから
お客さんからの評価も高いでしょう。
そうなると、別に無資格者扱いされたとしても特に気にならなくなってくるものなんですよね。

『所詮無資格者』という一言には
『ロクな勉強もしてないから知識も技術も無いだろう』という意味が含まれています。

その一言を気にする人というのは、それが図星だからです。

自分の中で、知識も技術も不足している事に気付いているのにも関わらず勉強していない。
このような思いが強ければ強い程『無資格者』という一言が心に刺さります。

僕は民間資格は持っていますが、自分の事を『ちゃんとした資格を持っている』なんて思った事は一度もありません。
学校名は伏せますが、正直僕が選んだ学校の授業内容は実践ではほとんど使い物になりません。

全く使えないということではありませんが、基本中の基本レベルなので
今現在相手にしているようなお客さんの症状には全く太刀打ち出来ないです。

今僕が使ってる手技や僕が知っている知識というのは、学校で習ったものなんてほとんどありません。
95%くらいは独学です。

そんな感じですので、お客さんと資格関係の話しになった場合には
自ら

ごまだんご
ごまだんご

僕なんて無資格みたいなもんですよ(笑)

と言っています。

そう言うとお客さんはビックリしますが、
それで『え…無資格なの…?』なんて雰囲気になった事はないし、むしろ
『資格があったってダメな人はダメだもんね~!実際に良くしてくれる人が一番!』とか言って勇気づけてくれちゃったり。

資格を気にする人というのは、無資格と言ったら周りからどう見られるのか?
自分が無資格(みたいなもの)だと知られたらお客さんが離れていってしまうのでは?
こんな不安を抱えている人です。
要するに、自分そのものに自信がなく『資格』という鎧でどうにか戦っている人です。

もっと技術を上げるとか、知識を増やす。
お客さんとの関係性を深め、そんな簡単には自分から離れていかないという自信をつける。

こうなっていければ、
それまで頼り切っていた鎧が実はそこまで価値のあるものじゃなかったという事に気づくはずです。

国家資格があれば安泰?国家資格があれば施術効果も高いのか?

何度も言いますが、整体師には国家資格が存在しないので
整体師という国家資格を欲しがったところで無駄だし、そんなこと気にしても仕方ないです。

国家資格だろうが民間資格だろうが無資格だろうが、
自分なりに努力して結果として出せているならそれでいいんです。

立派な国家資格をたくさん持っていたとしても、現実問題として全然役に立っていなかったり
高い学費を払った割に全然稼げなくて日々ストレスと共に生きている人だってたくさんいます。

それだったら、
国家資格が無くたって、毎日楽しく働いてしっかり稼いで
充実した生活を送れる方がずっと良くないですか?

僕は、何かある度に頭ごなしに『整体師なんて所詮無資格』と言っちゃう有資格者の方というのは
この世にはしっかりした勉強をしていない整体師しかいないと思い込んでいる。又は
所詮無資格者に有資格者である自分の立場を脅かされた事があって、その腹いせ。
このどちらかだと思っています。

実際皆さんのお店にも
整形、整骨院、鍼灸、マッサージなどに通ったけど全然ダメだったって言うお客さんなんてたくさん来ますよね?
そんなもんなんですよ。
国家資格だからといって完璧に症状を改善させられるわけじゃないし、
症状によっては得意不得意があるんです。

大事なのは資格の有り無しよりも実際の内容で、どれだけお客さんに喜んでもらえるかという事。
その為にどれだけ頑張れるかという事です。

国家資格取得後、それに甘んじている人と
無資格でも常に向上心をもって勉強を続けている人を比べたらその差は歴然ですね!

整体師なんて所詮無資格!誰でもなれる。の結論

ちょっと長くなってしまいましたが、今日の結論をまとめると。

確かに誰でもなれるし、なるのは簡単。
でも続けていくことは難しい。
しっかりと勉強していないと続けていけないです。

資格は持っていて邪魔になるものではないし、無いよりはあった方が良いと思います。
自分のモチベーションにもつながると思いますし、何だかんだで新規のお客さんなんかは安心するというメリットもありますから。

ただ、いくら立派な額縁に収められた認定書を飾っていたとしても
それだけでお客さんが来るわけでもリピートするわけでもありません。
それを見て『おお!なんかちゃんとしてそう!』と思ってもらえるのなんて最初だけです。

本当に大事で、お客さんが気にするところは結局は中身。
先生の持っている技術、知識、話し方や気遣いを含めた人間性。

ここを磨けば有資格者にだって負けない自信がしっかりついてきますので
民間資格を持っていないという先生も安心してくださいね(^^)

もちろん資格を取る事を否定しているわけではありませんよ。
しっかりとした内容を学べる学校に行くのなら全く問題ないのですが、中には(特に新人さん)
とりあえず認定書欲しさに学費が異様に安くて内容の薄い学校に行こうとする方も少なくないので
それをやるくらいなら、自分磨きにお金と時間をかけた方がずっと有意義だという事です。

いくら外側を固めても内側が伴っていなければ、すぐに化けの皮が剝がれてしまいますので、まずは自分を磨いて自信をつけましょう(^^♪

 

それでは今日はこの辺で!

なるほど!と思ってくれた方は1日1回ずつポチッとしてくれたらやる気が出ます!
にほんブログ村 経営ブログへ
自己啓発
スポンサーリンク
ごまだんごをフォローする
転職・独立・副業に!整体師で稼ぐ為のブログ。整体師とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました